ようこそ

このブログではロボカップジュニアに関係した事柄を中心に、ロボットについて語っています。
私は2年間ロボカップジュニアサッカーにTeam SeeLeとして参加、2012年には北海道、全国大会ともに全勝し、優勝を手にしました。

このブログの内容が少しでもロボカッパーたちの役に立ってくれたら嬉しいです。

2013年3月28日木曜日

世界の中鸣机器人!

こんばんは。
引っ越しの荷物もかたづいて、のんびりする時間が出来たのでちょっと書きます。(適当w)

久しぶりに中鸣机器人のホームページをのぞいてみたら新商品がわんさか出ていました!
2013ルールに準拠したサッカーロボットもそのまま販売されています!(いいんだかわるいんだか・・・)
今日はその中でも気になる商品をいくつか紹介しようと思うのですが、中鸣机器人についてあまり知らない方も多いと思うので先にこの会社について紹介させていただきます。

中鸣机器人は中国の广州市天河区にあるロボカップ向けの商品を販売している会社です。
巷ではここの「完成したまま売っている強力ロボ」のことをジョンミンと呼んでいます。
ここの商品はロボカップ壊しだなどと叫ばれることが多いのですが、私個人的にはここまで完成したロボットをそのまま売ることが出来る会社の技術力と自信は素晴らしいと思っています。
特に一度試に輸入したことがあるギヤモータの性能は驚異的で、12Vの全速力ではロボットが「ぶっ飛び」ます。電池も「ぶっ飛び(爆発)」ます。ヽ(σ_σ)/
ここの商品を買うにはサイトのメールで販売部のニコラさんに直接(英語で)メールを書きます。
日本に流通しているパーツでは性能の限界を感じている人は試してみることを勧めます(^^)

それでは新商品をいくつか紹介します。

其の一:X2-RCU

X2-RCU





X1-RCUに比べて小型化されています。
大きなカラー液晶がついているので操作性はよさそうです。
ロボット用なのに120MHzもの高速CPUを搭載しているようです。
接続はUSB。I2C通信対応。重量77g。




其の二:金属製ギヤモーター(6V300rpm)



昨年発売された12V800rpmモーターのダウンスペック版。これでも相当な破壊力がありそう。
下のオムニホイールに対応しています。
詳細なスペックはニコラさんに送ってもらえます。(画像からも少し読み取れます)




其の三:軽量高グリップオムニホイール






旧世代の大型オムニからダウンサイジングされました。使ってみた感じではなかなかグリップ力がありました。当時は円高の影響か四個で5000円くらいでした。この手のオムニホイールにしては安いと思います。




其の四:エアキッカー組み立てキット







こいつが泣く子も黙る超高性能キッカーです。でも今はキッカーパワー制限のおかげで魅力が薄れつつあります。
電気を使わず、空気の力で射出するので安全です。
でもものすごく高くて一つで2万円ぐらいします。SMC株式会社のパーツをかき集めて自作したほうがうんと安くできてしまいます・・・この画像を見て必要なパーツを考えてみてください。
いずれエアキッカー特集を組もうと思います。



其の五:充電式パルスボール











ACケーブルをボールにつないで充電して使うボールです。
電池交換のためにいちいち分解しなくて済みます。
性能はいかほどかわかりません・・・人柱になってくれる人募集中(笑)




大体こんなところです。サイトへのリンクを左に貼ってあるのでのぞいてみてください。
注文するのは大変で送料も結構かかりますが、それでもほしくなる高性能パーツが売っています。
少々値が張りますがronofstoreでも一部を扱ってくれています。(本家の3倍以上の値段も・・・)

これからは引っ越しのためしばらく更新ができなくなると思います。
落ち着いたら近況報告とともにまた更新します。
それでは~(b^▽^)b~



1 件のコメント: